念願の美容室を開業し、決算を税理士に依頼する際に気をつけることは何でしょう。

まず記帳指導をきちんと受けましょう。税理士に何もかもを依頼すると、それだけ顧問料は高額になります。ある程度の記帳などを自分ですれば、それだけ顧問料は安くなります。特に最初が肝心ですので、丸投げすることのないようにしましょう。

記帳をある程度自分でするということは、単に顧問料を安くするだけではありません。税務ひいては経営に関して経営者がきちんとした情報を把握するために必要なことです。

美容室は技術とセンスを売りにする職業です。しかしそれだけでは経営は成り立っていきません。今、店にどれくらいお金があり、どれくらいのお金を使ってよいのか、すぐに答えられるでしょうか。有名店から独立して店を持ち、全てを税理士に丸投げして、決算で初めて自分の店が赤字だったとしてショックを受けたオーナーもいます。

きちんと美容室 税理士から記帳指導を受け、最初の内は短いスパンで帳面を見てもらいましょう。会計ソフトもこの頃は安価なものがあります。データのやり取りもメールで出来る時代です。こつこつと記帳を覚え、無駄な経費を省き、必要な費用は算入してよい決算を迎えましょう。

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ